2012年5月19日 (土)

杉並区ゆうゆう館料理教室

気温も上がり夏日となった五月晴れの五月中旬、本年度最初の料理教室を開催した。「旬の野菜を食べる」をテーマに通算5回目の開催である。回を重ねるごとに年齢層の広がりも見せ、若い世代の主婦、父親と来た二人の小学生男子の振る舞いなどが会を大いに和ませたのである。

Img_0719_r_2

三 芳野菜歴30数年の中野慧子さんに再び講師として登場頂いた。新玉ねぎを川野で味付けした一皿は、本日の快晴日、初夏には実に季節感を得て、また食味も絶 賛であった。届いた野菜で風を感じながら調理 し、味付けする技にはさすがといわざるを得ない。これは三芳有機野菜を食す原理原則でもあるのだが、なかなか 要領を体得できないのが実際であろう。

Img_0720_r_3
メニューは春雨の酸の物、新玉ねぎ、サヤエンドウとスナックエンドウのサラダ、三芳玉子焼き、豆腐の中華スープ、米粉クレープの7品に加えてチンゲン菜の ニンニク炒め、サニーレタスのなます、レタスのあんかけ、ダイコンの佃煮のアラカルト4品、合計11品目のお皿が並んだのである。調理開始後1時間過ぎに は調理が整い、スタッフを含み18名で少し遅めの会食となった。豊かな彩りと、絶妙な味付けに完食であったことは言うまでもない。
Img_0721_r
食後は紅茶を手元に、野菜談義で賑わった。三芳野菜は単なる有機野菜、つまり無農薬・無化学肥料だけに留まらず、露地栽培がその特長をなし、徹頭徹尾実践されていることに大切な意味合いがあること、オーダーでの野菜作りが本質的な農業と著しく乖離した栽培方法を生んでいることなどが論点であったろうか。

Img_0723_r_3

果たしてこのような料理教室がど のように評価されているのかは、まだまだ見えないところであるが、参加者の半数7名に次回の予約をいただいた。継続すべきと背中を押されたものと理解して いいのであろう。
次回は7月21日(土曜日)と9月15日(土曜日)に開催予定です。

2011年11月14日 (月)

杉並区ゆうゆう今川館料理教室

通算3回目となる三芳野菜をふんだんに使った料理教室が開催された。第一回目に続 き好評の中野慧子さんに講師を務めていただき、テーマは「旬の野菜を食べる」であ る。

1cooking_r_4

 

当日届けられた人参、ダイコン、レンコン、シイタケ、小松菜、ネギ、柚子に卵などの食材を「旬のメニュー」へと手際良く料理し、さすがに三芳野菜歴30数年のベテランと感嘆の声が上がった。ワンコインの格安料理教室にも拘わらず三芳生産グループ、企画委員の皆様のご協力にて十分に満足できる10品のメニューが提供された。

2whole_r

1.塩サケと三芳のマヨネーズを使ったコロッケ、2.ケンチン、3.小松菜・人参のナムル、4.三芳の卵を使った正月用のだて巻き、5.大根サラダ、6.大根の浅漬け、7.レンコンのサラダ、8.きのこの中華スープ、9.ゆずジャム、10.小松菜のおひたし

参加者の皆様と囲む食卓では、旬を反映した大皿料理を前に、アットホームな雰囲気と共に、食の豊かさを満喫いただいたようである

3dishes_r

参加者の半数はリピータで更に、男性2名、お若いご夫婦と裾野の広がりをみせ始めた。アンケートからは料理教室の趣旨に満足され、同時に三芳野への高い関心を示された内容が目立ち、好評のうちに幕を閉じることが出来た。アンケート結果の詳細は第一回、第二回を併せて別掲します。

次回は翌年2月11日12時からの開催となります。皆様の参加をお待ちしています。詳細は下記参照ください。

http://www.sugi-chiiki.com/atai/content_disp.php?c=4e7eccc7cbd7a

                                企画委員 國井 孝昭

無料ブログはココログ